現代風にアレンジされた着物

服や髪型、化粧には流行があります。流行は巡ると言われますが、一度流行のピークを過ぎると古く感じられます。しかし、そんな流行のある物の中で昔から愛されてきた物が着物です。昔の人にとっては普段着でもありましたし、洋服が一般化した現代においてはお淑やかに見え、逆に新鮮に見える人も多いです。今では海外からも高く評価されていますが、やはり日本人が惹きつけられるのは日本人のDNAでしょう。昔のままといわけではありません。もちろん、昔から続く老舗のお店もあります。一方で、現代風にアレンジしたお洒落なデザインも多くなっています。特に若者の間で人気になっているのはアンティーク着物です。柄や色、帯などがとても現代的で可愛いです。きっとこれから先も昔からの良さを残しながら流行が加えられ、更に進化していくことでしょう。

着物の歴史や種類について

着物は日本の民族衣装で歴史は古く平安時代の小袖が始まりとされています。世界に誇れる着物は日本の気候や目の色、肌の色、髪の色にとても良く合い民族を最も美しく見せる特徴があり、四季のハッキリしている日本では季節により様々な種類があります。季節やTPOに合わせて着物、帯、小物の種類を組み合わせる事ができ、洋服と同じで冬物・夏物、生地や仕立て方によっても異なっており、10月から5月に着る袷や6月と9月に着る単衣、7月から8月の盛夏時期に着る薄物に分けられ、袷は裏地になる胴裏と八掛を仕立てたもので単衣は裏地をつけずに仕立てたものを言い透け感のある生地が涼し気に感じる事が出来ます。また1月から3月位まではコートや羽織を合わせる事が最適となっています。そして季節に合わせて柄を変えるのも楽しみの一つとなっており、季節を先取りするのが粋とされています。

着物は大切に保管することも重要です。

着物は品質の良い物だと、子供や孫へと長く着てもらうことができます。保管するときは、着物が傷まないように、丁寧に保管をすることも重要です。大事に保管ができるように、虫の被害に合って、傷まないようにすることや湿度をきちんと管理して、カビなどが発生しないように気をつける必要があります。引き出しに入れてしまう場合、市販の商品で、湿気や防虫などの対策が取れる商品もあり、きちんと対策が取れるグッズを使うことも大切です。対策が取れるグッズの中には、使用期限がある商品もあり、使用期限が近づいたときに、新しい物と交換をすることも大切です。衣類をあずかってくれるサービスもあり、信頼できる業者に依頼をして、大切に保管をする選択肢もあります。着物を着たい時に、良い状態を維持できるように、保管の仕方をきちんと考えることも重要です。